子どもが揉めないために、相続対策でできる事

自分の財産の相続で、子ども達が揉めてほしくないと考えているなら、65歳から相続の対策について考えておきましょう。

親が子ども達に対して相続の揉め事を起こしてほしくないという場合にも、相続する子ども側ができる限り揉めずに相続をしたいと考えている場合にも、大切な事はコミュニケーションであり、親が遺言を予め用意したり、生前贈与という方法もあります。

相続で税金を極力払いたくないと考えているのであれば、相続人と被相続人それぞれが対策を行う必要がありますので、相続させる財産を減らしたり、財産の評価を落としたり、非課税枠などを活用すると良いのだそうです。

納税のための資金が用意できるか不安なら、相続人が生前にお金を用意しておいたり、保険金や収入を活用すると良いのだそうです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カレンダー

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
ページ上部へ戻る