生前のお墓購入で相続税の対策をしよう

近年では、家族の負担を減らすための生前贈与が話題になっていますが、生前にお墓を購入しておくことが相続対策にも繋がるのだそうです。

お墓や仏壇などの祭祀財産は、本人が購入していても相続財産とみなされないので相続税の課税対象にならない非課税財産なのです。

お墓を購入していなければ相続税の計算で数百万円の開きが出るので、相続財産を減らして相続税対策に繋がるという考え方なのです。

生前のお墓の購入により、非課税の現金部分に相続税が課税されるということですし、お墓の購入で未払いがあった場合、その債務は相続人に受け継がれるので注意が必要なのです。

生前購入で相続税対策したいなら、必ず生前に支払いを済ませておく必要があるということです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る