相続と遺贈の違いって何?

相続のことを学んでいると、遺贈というワードを見かける機会があるかもしれませんが、どういう意味の言葉なのかよく分からないという人も多いのではないでしょうか。

相続とは、誰かが亡くなった場合に発生し、被相続人が持っていた財産の権利が親族関係の法定相続人に移るということです。

遺贈というのは、法定相続人以外の第三者や団体などに財産を渡すということであり、遺言書に書き残すしか方法がありません。

法定相続人以外の人に財産を渡しても、法定相続人の遺留分を侵害していると遺贈された財産は返還しなければならない場合もありますので注意が必要です。

相続と遺贈では登録免許税率が異なっていますが、遺贈する相手が相続人の場合には登録免許税率は遺贈の場合と同じになりますよ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カレンダー

2018年12月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る