相続の範囲を知っておこう

相続する上で関わりのある相続人には範囲がありますので、相続対策として知っておきましょう。

そもそも相続人とは相続財産を受け継ぐ人のことであり、相続人は法律や故人の遺言などによって決められるため、生きている間に遺言書を作っておくと、相続人に財産を振り分けたり、割合などを自由に指定することもできるのです。

故人が遺言書を残していない場合には相続人が誰になるのかは法律に従うことになり、相続人は配偶者の他に、その故人の子どもや直系の尊属、兄弟姉妹という順番で定められています。

故人に子どもがいない場合には、故人の父母や兄弟姉妹が遺産を相続することになるため、配偶者や子どもの相続順位が高くては補欠のような立場になっていますよ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページ上部へ戻る