相続税の申告と納税の方法とは

相続が発生した後には納税を行う必要がありますが、その基本的な流れについてご紹介いたします。

まず相続手続きの前に死亡届を提出して相続方法を決定し、故人の遺言書の有無を確認したら法定相続人を調べて全員で遺産分割協議を行うのです。

準確定申告を行ったら、遺産分割協議書を作成した後に相続税を申告しましょう。

相続税の申告書は専門的な知識を持つ税理士に任せるのが一般的であり、この申告書にミスがあると税務調査の対象になるので自分だけで作成しないよう注意しましょう。

相続税が発生しないケースもありますが申請が必要ですから、特例や控除を活用したい場合にはきちんと対策しましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページ上部へ戻る