アパートやマンション経営をすることによる相続税対策

更地にしている土地は評価額が高いですが、そこにマンションやアパート等を建てて土地の評価額を下げることによって相続税対策につながります。小規模宅地の特例を使用しますと評価額をさらに下げることが出来ます。

マンションやアパート等を建てることによるメリットとしては家賃収入を得ることが出来るようになったり土地の評価額を下げることが出来ることが有ります。

具体的な流れとしては法人を設立し、アパートを法人所有にします。そして家賃収入を給料として自身やご家族を社員や役員にして収入を分散します。
年間110万円の贈与非課税枠を超えて従業員であるご家族に給与を支払うことができます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カレンダー

2017年11月
     
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
ページ上部へ戻る