第一優先の相続人って誰になるの?

もし親が亡くなって、相続する必要がある場合には、相続人の範囲や優先順位について理解しておく必要がありますよ。

第1優先の相続人は子どもであり、民法では親から子へ・子から孫へという直系の一族に財産を渡していくという考え方なのですが、親が亡くなる前に子が亡くなっていた場合には、その子どもの子どもに受け継がれていくのです。

それ以外にも第一優先になるのは配偶者であり、親子の縁は切ることができませんが、配偶者は離婚してしまえば相続人ではなくなり、相続権もなくなるのです。

子どもや孫がいる限り、その子どもたちへとどんどん相続されていき、配偶者は婚姻関係である場合には第一優先の相続人として相続が行われるという仕組みになっていますよ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る