相続人にならないケースとは?

相続権があったとしても、ある理由に該当する場合には相続人にはならないケースもありますので知っておきましょう。

相続放棄をする場合は、家庭裁判所にて自ら相続人にならないという申し出をして手続きをする必要がありますが、故人が亡くなって相続が発生してから3ヶ月以内に申請する必要がありますよ。

相続人の欠格事由では、相続人が財産目当てで親族を脅迫したり、遺言書を偽造したり、破棄するなどの行為を行った場合には、相続人ではなくなるのです。

推定相続人からの排除とは、生前に故人が家庭裁判所や遺言書などを利用して、相続人になり得る人物が相続しないように請求する事ができますよ。

相続人は生存している人のみなので、相続の時に相続人が亡くなっている場合、相続人にはならないのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カレンダー

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る