相続放棄までの期限は延ばすことができる?

通常、相続放棄の期限は相続の開始を知ってから3ヶ月以内に家庭裁判所に申請しなければなりません。
しかし、相応の理由がある場合、家庭裁判所へ申し立てをすることで、さらに原則3ヶ月期限を延長することが可能です。

例えば相続放棄をするために相続財産の確認をしていたが、相続の全容が掴めない場合や目録の開示に時間がかかっていて必要な書類が揃わない場合など、3ヶ月を過ぎてしまう場合などは延長申請し、認められたところで3ヶ月の期間が延長されます。

申請をすれば必ず延長されるというわけではありませんし、どの程度の期限が延長されるのかは裁判所の判断に委ねられるので注意しましょう。

また、一度相続放棄の期限が過ぎてしまったあと、故人に借金があったことを知った場合などは、期限を過ぎていたとしても相続放棄が認められる場合もあります。
この場合は手続きが複雑化しますので、弁護士などの専門家に相談するのがおすすめです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カレンダー

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る