相続税が税務調査の対象になりやすい理由

相続税自体が所得税や法人税などに比べて税務調査の対象になりやすいのはご存知でしょうか?
これは相続税が高額なこと、申告漏れが多いことが理由として考えられています。

事実、相続税の申告で税務調査が入った人の約80%が申告漏れがあることがデータとして上がっているため、より厳しく見られているのです。
特に税理士に頼まず、自分で相続税の申告をした人はどうしても意図しない申告漏れや故意の財産隠しが起こるため、税務調査に入られる可能性が高くなります。

また、税理士の中にも得意分野がありますから、相続税申告に慣れていない税理士が申告を行った場合も税務調査に入られやすくなります。

悪いことはしていなくても税務調査の対象になるというのはあまりいい気持ちになりません。
正しい申告をして税務調査を避けるためには、相続税の申告に慣れた税理士を探して依頼するのが一番安心できるでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カレンダー

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る