相続税の申告期限が間に合わない場合

相続税の申告には、被相続人が亡くなった日から10ヶ月以内という期限がついています。
家族が亡くなった後はやらなければならないことが多くて大変です。相続税の申告は他の手続きよりも長めの期限ではあるのでつい後回しにしてしまいがちですが、申告期限が間に合わないことによるペナルティやデメリットが多いため、相続が決定したらすぐに手続きするようにしましょう。

申告が間に合わないと、相続税軽減の特例などが使えなくなるだけでなく、納税が遅れたことと申告書の提出が遅れたことに対するそれぞれの追微課税が課せられてしまいます。申告書の提出が遅れたことに対しては無申告税か重課税が課せられてしまいます。

相続税の申告が間に合わない場合、期限の延長をしたいと思うかもしれませんが、原則延長はできません。
ただし相続人の人数が変わる場合、遺留分滅殺請求があった場合、遺産分割に関わる遺言書が後から見つかった場合、相続人に含まれる胎児が生まれた場合には延長が認められます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カレンダー

2021年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る