相続税はどんな時にかかるもの?

相続税とは、誰に対してどんな時にかかる税金なのか知っていますか?

相続税は名前の通り故人の財産を相続する時に発生する税金であり、相続した財産に対して課税されるのです。

仏壇や仏具、暮石や墓地、生命保険金など特定の財産に対しては相続税はかかりませんが、それ以外の物に対しては相続税がかかる可能性がありますよ。

法定相続人の人数が増えるほど基礎控除額も増えて、基礎控除額より遺産の金額が少なければ、相続税を支払う必要もなく相続税の申告書も提出しなくて良いのです。

例えば法定相続人が配偶者一人の場合は、故人の財産の総額が3千6百万円以下であれば、基礎控除が適用されて相続税はかからないと言われていていますよ。

まずは故人が遺した財産を全て探し出して、基礎控除額を計算する事になるでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カレンダー

2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る