車を相続する際の注意点

亡くなっていた人が車を乗っており、それを相続しようと思った場合、まずはその車が本当に被相続人のものであるのかを確認しなければなりません。
ローンが残っている場合はディーラーなど他の人が所有者として契約を結んでいる可能性があったり、リースの車ならばその所有者はリース会社となるためです。
車の正式な名義人を確認するためには、車検証を確認しましょう。車検証には名義人の情報が書かれているため、そこに被相続人の名前があれば車も相続の対象となります。

少しローンの話が出ましたが、その車のローンが残っている状態の場合は、そのローンも相続財産となります。
車を相続するならそのローンも支払わなければならないため、支払えそうにない場合は相続放棄も考えなければなりません。

また車を誰も使わない場合は廃車の手続きも取ることになります。
ただし元の持ち主である被相続人は亡くなっていますから、廃車にするためにはまずは誰かが一度相続してから手続きを取る必要があります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カレンダー

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る