遺言書に期限はあるの?

遺言書を見ると、日付が何十年も前のものだったということがあります。こうした古い遺言書の場合、果たして有効なのか否かが疑問ですが、遺言書として成立しているものであれば有効期限などはないので古いものでも有効になります。
しかし、相続させるべきものを既に手放していたりすると、その部分については撤回したと扱われるので注意してください。

もう一つ注意したいのが新しい日付の遺言書が見つかった場合です。古い遺言書と新しい遺言書が見つかり、それぞれ相反する内容になっていた場合、古い内容については撤回したと扱われますので新しい遺言が有効になります。
また古すぎる遺言書の場合、その内容に納得できないということが出てくると思います。例えば遺言当初は価値のあったものでも時間によって価値がないに等しいとなるものを相続するとなったら、それは納得できないと言う方もいるでしょう。
このような場合、相続人全員の合意のもと遺産分割会議も行って遺言書の内容と異なる遺産分割を行うことができます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カレンダー

2021年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る