遺言書はどんな場合にあると便利?

遺言書は財産に関する自分自身の希望を親族に伝える事ができますが、どんなシーンであると便利なのでしょうか?

相続人に未成年や認知症など判断能力が不十分な人がいたり、行方不明者や外国に在住している人がいる場合も、遺言書に書いておくと相続をスムーズに進める事ができるでしょう。

残される家族の負担を減らしたい場合や、法定相続人ではない相続権のない人にも財産を渡したい場合、特定の人に多く財産を渡したいなら忘れずに遺言書に書いておく事が大切ですよ。

子供がいなくて兄弟姉妹が相続する場合、相続トラブルに発展する可能性もありますので遺言書を作っておくと良いでしょう。

物件を複数持っていたり、田畑を持っている場合は相続分割が難しくなるため、遺言書で希望を書いておきましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カレンダー

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る