相続のことを弁護士に相談すると何の費用がかかる?

相続の手続きは専門家ではないと非常に分かりにくい部分も多く、自分たちで手続きが難しいとなったら弁護士に手続きを依頼することになります。
以前は日本弁護士連合会である程度の費用が決められていましたが、現在ではその弁護士によってどの程度の費用を設定しているのかが変わるので注意が必要です。
ただそれだと実際にどの程度の費用が必要なのか分からずに弁護士選びすら難しいでしょう。
そこで日本弁護士連合会では相続手続きごとによるある程度の費用目安を公開しておりますので。その情報を元に弁護士を比較して選ぶようにしていくと安心です。

弁護士に依頼する時に必要な費用としては、主に「相談料」「着手金」「報奨金」が大きな金額となります。
相談料は依頼する前に相談するだけでもかかってしまう費用です。相談したからといって必ずその弁護士に依頼しなければならないわけではありません。
1時間あたり5,000円〜10,000円ほどに設定しているところが多いですが、初回無料や30分未満は無料というように気軽に相談しやすい制度を用意しているところもありますので、まずはそうしたところに相談に行ってみてもいいと思います。
そして依頼する弁護士が決まったらまずは「着手金」を支払います。着手金だけで数十万円になることは珍しくありませんが、その料金には必ず理由があるので見積書をしっかり確認したりなぜその料金なのかの説明をしっかり聞きましょう。
最後に支払うのが報奨金となります。これは全ての作業が完了した後に支払うお金となります。
これら着手金や報奨金は定額で決められている場合もありますし、財産評価額や経済的利益の○%というように設定されていることもあります。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カレンダー

2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る